ばらかもん 12巻目/電子書籍情報

ばらかもん電子書籍12巻

タイトル:ばらかもん 12巻
著書:ヨシノサツキ

出版社:スクウェア・エニックス
連載:ガンガンONLINE
発売日:2015年09月12日


book001

ばらかもん12巻のあらすじ・感想/電子書籍

“ばらかもん”12巻は島にクリスマスがきます!そしてクリスマスといえばサンタクロースも。

“半田清舟”(通称 先生)も島の子ども“なる”の父親代わりに、初めてのサンタクロースに。しかし、“なる”にはもう一人のサンタクロースが…

そして、専門学校の試験を受けに行った“ヒロシ”に続き、“なる”も東京デビュー!

 

 

そんなばらかもん12巻のみどころは、“なる”と父親のシーン。

 

クリスマスの夜、“なる”の枕元にプレゼントを用意する“先生”。しかし先生宅に怪しい人影が。その人影とは“なる”の父親である“優一郎”でした。

 

普段は島の外で働いており、クリスマスの時期になると島に戻ってきて、こっそりと“なる”にプレゼントを置いていく“優一郎”。“優一郎”が島を出る時にショックで“なる”が熱を出してしまうため、直接は会わずに物陰から見守ることしかしません。

 

しかし、今回は見つかってしまい、“なる”からストーカー扱いされてしまいます。長年会っていないので、顔を覚えていないんですね。

そんな“なる”の気を紛らわすために缶蹴りを提案する“優一郎”。

その缶蹴りで、“なる”が“優一郎”の動きを封じ、その隙に“先生”が缶を蹴るという作戦を編み出した“なる”。

その作戦で“なる”が“優一郎”の動きを封じるために、“優一郎”に抱きつきます。

 

その笑顔で“優一郎”に抱きつく“なる”の姿が非常に子どもらしく、かわいらしいです。

 

 

そして、“優一郎”が島を出る日、初めて“なる”が涙を見せます。

“なる”が“優一郎”からクリスマスプレゼントで貰ったものは、飛行機のおもちゃでした。それは今年だけでなく、毎年同じものです。

 

実は、この飛行機のおもちゃは“なる”が欲しいものではなかったのです。

このシーンで、“なる”が涙ながらに「喜ばないともう来てくれないんだよ」と語ります。来年も再来年も来てほしいから、嬉しくなくても喜んでいたのだと。

このシーンは、感動します。“ばらかもん”を全巻読んでいると泣きます。

 

そして、高校生“ヒロシ”は無事専門学校に合格!

卒業式が終わってすぐに東京に行くことに。少し寂しくなりそうです…

電子書籍でばらかもんを読もう!

ばらかもんは、ガンガンONLINEで連載されているヨシノサツキの漫画作品。

「ばらかもん」12巻を無料試し読みできる
↓電子書籍・電子コミックはこちら↓
book001
↑タップすると電子書籍12巻ページへ↑

おすすめの電子書籍紹介